バイク買取の査定額について

バイク買取をしてもらいたい方にとって、査定額は一番気になるところでしょう。

バイクがいくらで買取ってもらえるかは、そのバイクの種類、年式にもよります。

ですがどんな種類や年式のバイクであっても、登録もしていない完全な新車、ガソリンも入れたことがない新しいバイクなら、一番高く売れます。

100点満点で採点するなら新車は100点になります。

次に、ガソリンを入れてても登録がなされていないバイクは90点、そして登録してあっても走行距離が0なら80点となり、価格も少しずつ下がっていきます。

そして外装に傷がなく、走行距離がほとんどないバイクは、70点から60点となり、それ以外の中古バイクは50点以下となります。

中古バイクの場合、走行に問題がなければ、採点は50点から40点となり、もし欠損な改造があったりすると30点以下で、査定額もガクンと下がることでしょう。

このように、バイクの査定は、そのバイクの状態、年数、走行距離などで決まるようです。

買取ってもらう時のポイントは、少しつかめたのではないでしょうか。

ここで一つ、バイク買取についての不安を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

バイクは高価ですから、ローンを組んだという人は少なくはないのではないでしょうか。

ローンの返済がまだ終わっていないという人も、いるのではないですか?

ではローンの返済がまだ終わっていないバイクは買取をしてもらえるのでしょうか?

基本的にはOKなのようです。

その場合は、二つの方法があります。

一つはローン抜きでバイク買取をしてもらい、売った後も少しづつローンを返していくという方法です。

もう一つは、残りのローンの金額を差し引いてバイクに値段を付けるという方法です。

どちらの方法を取るかは、買取業者によって違いがありますので、詳しくは尋ねてみるようにしましょう。