バイク買取の業者の違いについて

バイク買取をしている業者は大きく分けると2種類になります。

一つはバイク買取業者で、もう一つはバイク買取販売業者です。

バイク買取業者とは、バイクを買取ったあと、オークションでバイクを転売します。

転売の相手は、一般の顧客の場合もあれば、同業者の場合もあります。

いずれにしても、店舗は構えていないので、買取がなされた後またすぐにバイクの売買がなされます。

ですから、在庫などによる価格変動の影響を受けることが少ないでしょう。

また一般的にバイク買取価格は、バイク買取販売業者よりも高めに設定されています。

では、バイク買取販売業者の特徴は何でしょうか。

この業者はバイク買取をした後、自分のお店でそのバイクを売ることになります。

ですから、バイクの査定をするときに、現時点で在庫がどれくらいあるのか、また需要がどれくらい大きいかなどの要素も含めて値段を出すことになります。

ですから、バイク買取業者より、査定金額がシビアになることが多いようです。

またお店を持っている場合、買取ではなく、下取りという形で引き取ってもらうことになることもあるようです。

また、バイク買取業者は全国にチェーン店がある場合と、地元で個人でお店を出している場合があります。

全国的に展開している業者なら、バイクの相場は大体決まっているようです。

しかし地元ですと、親身になって相談に乗ってくれる場合もありますが、値段は在庫の状態に左右されることが多いようです。



Comments are Closed