業者がチェックしている点について

バイク買取業者はバイクのどんな点に重きをおき、査定しているのでしょうか?

まず走行距離は言うまでもないでしょう。

走行距離が短ければ短いほど、値段は高くなります。

年式が古くても、距離が短ければエンジン回りの部品は新しいことが多いので、やはり査定金額は高くなることでしょう。

またバイクのフロントサスペンションもしっかり見られます。

サスペンションの戻りはどうか、硬さはどうか、フロントフォークのさびの状態はどうかなどです。

さらにはバイクの外装の部分も見られます。

傷やへこみがある場合は減額の対象になるので注意しましょう。

自分で治せる場合は、治したり、傷を隠し磨いておけば、査定金額は高くなることがあります。

しかし、中途半端に治すと余計に汚く見えますので、自信がない場合は洗車だけして、そのまま出した方がよいかもしれません。

さらに、エンジン回りやタンク内などの錆についてもチェックが行われます。

バイク好きな方であれば、多少の改造をしているかもしれません。

例えば、シャフトの具合を調整したり、マフラーカバーを変えたりなどです。

この場合は、純正パーツと両方持参して、どちらの方が高額査定になるか尋ねると良いでしょう。

改造が一般的に好まれる仕様のものでしたらそのままでもよいですし、やはり純正パーツの方がよい場合は、変えてもらいその分高い査定額にしてもらえるでしょう。

このようにバイク買取業者はいろいろな点をチェックして査定をしています。



Comments are Closed