1月

31

宮城県仙台市の不動産、エリア別の特徴をご紹介

宮城県仙台市は、東北地方の中でも1,2を争う不動産の人気エリアです。

都市機能を始め、住みやすさやビジネスの面でも利便性の高い立地であることから、不動産査定の依頼も多く価格にも反映されています。

今後の不動産需要も期待されている仙台市ですが、エリアごとにどのような特徴があるかご紹介します。

仙台市の中心である仙台駅を基準に、東西の2つに分かれているのが特徴です。

東エリアは、昔ながらの街並が残っていますが、再開発や区画整理もどんどん進んでいます。

宮城野区と若林区は太平洋に面したエリアですが、水産事業はもちろん、ビジネスエリアにはIT企業も集中し賑わいを見せています。

根強いエリアであるため、今後も安定感のある伸びが期待できるでしょう。

そして西エリアは、仙台市を代表とする青葉区・泉区・太白区があり、各区域に都市機能が備わっています。

青葉区を中心に、どのエリアも人気が高く、マンションを中心に不動産売買が活発的です。

特に青葉区は、行政機関や教育施設、ビジネスエリアなども集中し、交通利便にも恵まれています。

西エリアの3区の中でも、一番高い売買価格でしょう。

青葉区に次ぐのが東エリアの宮城野区であり、観光地やレジャースポットが充実しています。

こちらも人口の多い人気エリアで、新しいマンションも増加傾向で売買価格は上昇傾向です。

根強い人気のある仙台市内は、不動産査定数も伸びています。

震災以降、安値に傾いていた仙台市の不動産価格ですが、復興が進むにつれて相場も上昇。

そのような情報も逃さずに、売却の準備をしていきましょう。

Posted in 宮城県の不動産査定情報 | 宮城県仙台市の不動産、エリア別の特徴をご紹介 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.