バイク買取の時に必要な書類について

バイク買取をしてもらうときに、そろえておく必要のある書類がいくつかあります。

ここではその点についてご紹介したいと思います。

大きく分けると3点あります。

まず、標識交付証明書があります。

これは125CC以下のバイクの場合ですが、原付に付いているもので、市役所で発行されています。

基本はバイクを買ったとき一緒についてくるものですが、もし無くしたのであれば、再発行を市役所でしてもらいましょう。

次に必要なものとして、印鑑があります。

バイクの所有者の印鑑で、その人が確かにそのバイクの持ち主だったと表すため、書類上必要となってきます。

そして最後に必要なものとして、身分証明書があります。

身分証明書には、免許書やパスポートなど自分の顔と住所がきちんと乗っているもので、身分を証しするために必要となってきます。

以上のものを持参して、査定に行きましょう。

もしかしたら、査定当日にバイク買取することが急に決まるかもしれません。

用意周到な準備をしていけば、時間も手間も省くことが出来るでしょう。

またそのときは、帰りの足についても考えておかなければならないでしょう。

バイクで出かけて、帰りは徒歩かバスになるかもしれません。

また場所によっては誰かにお店まで迎えにきてもらう必要があるかもしれません。

いずれにしても、帰りの足についても頭の片隅に入れとくと、慌てずにすむでしょう。

以上がバイク買取の際に必要な書類と考えておくと良い点でした。



Comments are Closed