バイク買取金額の違いについて

バイク買取の手続きで一括査定を申し込むと、複数の会社の査定結果が一度に届きます。

査定結果を見てみると、会社ごとに査定結果に開きがあることに気づく人も多いのではないでしょうか。

なぜ、このような差は開くのでしょうか。

【業者によって得意・不得意がある】

小~中規模のバイク買取業者では取り扱っているバイクに得意・不得意があることが多いです。

例えば、原付に強い会社やハーレーのような輸入車を好む会社、大型車を得意とする会社など、個性があります。

それは業者が独自に持っている流通経路があるからです。

A社は原付を高く買い取ってくれる経路がある=原付買取に強い会社という図式があるのです。

一般的に「カスタムバイクは高く売れない」と思われがちですが、カスタムバイクに強いことを売りにしている業者で買取を行えば高額で売れることだってあるのです。

【中間マージンと買取金額の関係】

また、バイクが高額査定される理由のひとつに「中間マージン」をカットしている会社があるためです。

実は、バイクは買い取った業者がそのまま販売するのではなく、整備業者で整備をしたあと競りに出され、落札した中古バイク販売会社が最終的に販売をするのです。

この場合中間マージンといって整備や競りに出す手数料などを含めた金額が発生し、それを加味した金額が査定結果に反映されます。

もし、買取業者が自社整備であり販売まで行っているとしたら、この中間マージンは発生しないため、その分査定額が高くなるのです。

そういった会社を探して買取してもらうのも高額査定のコツです



Comments are Closed