鍵なしでも「イモビライザー付キー」です。買取してくれますか?

鍵なしでも最近のバイクは多くが「イモビライザー付キー」です。

これを紛失してしまうと買取時の額には10~15万円もマイナスとなることがあります。

ICが搭載された鍵で、2000年以降に発売された多くのバイクに取り付けられているのが、イモビライザー付キーです。

イモビライザーとは盗難防止機能付の鍵のことで、ICチップのようなものが組み込まれています。

このICチップにはバイクのデータが入っており、バイクのシリンダーと鍵の情報が合致して、初めてバイクが作動します。

しかしこの鍵をなくしてしまうと、キーシリンダーごとの交換になるので、バイクの買取額は大幅ダウンとなります。

イモビライザー付キーをなくしてしまった場合、同じ鍵なしでも「シリンダーまるごと+マスターキー+スペアキー」となるので、バイク買取の時点での値引は10万円以上になることが予想されます。

またバイクの買取店からすれば、証明書などの必要書類を準備した上で、メーカーに直接連絡を入れて依頼するので時間もかかります。

これらを手間暇代金に換算されてしまうと、買取時の値引は15万円近くになることもあります。

イモビライザー付キーをなくした場合は、シリンダーごとの交換が必要になるので、同じ鍵なしでも多額の費用が差引かれます。

買取の際の査定額で相殺される形になりますが、イモビライザー付キーをなくしてしまった場合は、買取の値引額が10万円にも15万円にもなります。

今後はこのタイプの鍵が大半になるので紛失には注意しましょう。

・【参考記事】https://news.yahoo.co.jp/byline/sagawakentaro/20190217-00115118/



Comments are Closed