Archives

now browsing by author

 

鍵なしでも「イモビライザー付キー」です。買取してくれますか?

鍵なしでも最近のバイクは多くが「イモビライザー付キー」です。

これを紛失してしまうと買取時の額には10~15万円もマイナスとなることがあります。

ICが搭載された鍵で、2000年以降に発売された多くのバイクに取り付けられているのが、イモビライザー付キーです。

イモビライザーとは盗難防止機能付の鍵のことで、ICチップのようなものが組み込まれています。

このICチップにはバイクのデータが入っており、バイクのシリンダーと鍵の情報が合致して、初めてバイクが作動します。

しかしこの鍵をなくしてしまうと、キーシリンダーごとの交換になるので、バイクの買取額は大幅ダウンとなります。

イモビライザー付キーをなくしてしまった場合、同じ鍵なしでも「シリンダーまるごと+マスターキー+スペアキー」となるので、バイク買取の時点での値引は10万円以上になることが予想されます。

またバイクの買取店からすれば、証明書などの必要書類を準備した上で、メーカーに直接連絡を入れて依頼するので時間もかかります。

これらを手間暇代金に換算されてしまうと、買取時の値引は15万円近くになることもあります。

イモビライザー付キーをなくした場合は、シリンダーごとの交換が必要になるので、同じ鍵なしでも多額の費用が差引かれます。

買取の際の査定額で相殺される形になりますが、イモビライザー付キーをなくしてしまった場合は、買取の値引額が10万円にも15万円にもなります。

今後はこのタイプの鍵が大半になるので紛失には注意しましょう。

・【参考記事】https://news.yahoo.co.jp/byline/sagawakentaro/20190217-00115118/

紛失してしまって、鍵なしのバイクでも買取は可能ですか?

鍵なしでバイク買取に出すのは可能ですが、なくした鍵の種類によっては査定額が変わってきます。

スペアキーよりマスターキーのほうが倍くらい値引の幅が大きくなります。

紛失や盗難などで鍵なしになったバイクでも、基本的には買取してくれます。

ただし査定額は低くなります。

また鍵なしといっても鍵の種類はいろいろありますので、どのタイプのバイクでも一律の金額が値引されるわけではありません。

バイクには、車種ごとにマスターキーがありスペアキーがあります。

紛失したその鍵の種類によって、査定額に影響がありマイナス額が増減されます。

マスターキーをなくした場合、つまりキーシリンダーのオリジナルキーをなくしてしまった場合は、「キーシリンダーに対して1つのマスターキーしかない」ため、マスターキーとスペアキー両方を改めて作る必要があります。

その費用が買取の際に差引かれる形です。

原付バイクなら約8,000円前後、大型バイクなら15,000円前後になると考えてよいでしょう。

スペアキーをなくしてしまった場合は、合い鍵を作るだけの手間暇ですむため、買取価格からの値引きは3000~5,000円前後です。

スペアキーの作成は鍵屋にマスターキーを持っていけば簡単に作ってくれます。

バイク買取で値引かれてしまうより、事前に自分で用意しておいたほうがいいでしょう。

今後は普段使いでのマスターキー使用は避け、スペアキーを常用しましょう。

車検切れのバイクは売れる?

何年も乗っていないバイクがあって、処分しようと思いながらそのままになり、車検が切れてしまった場合はどうなるのでしょう。

そんなバイクでも買取してもらえるのでしょうか。

バイク買取を依頼する時に、車検が切れていることを伝え、査定してもらえば大丈夫です。

ただし、車検切れのバイクは乗ってはいけませんので、必ずバイク買取業者に来てもらい、処理してもらいましょう。

ちょっとそこまでだから大丈夫、と車検切れのバイクに乗るのは罪になります。

バイク買取業者に来てもらい、査定してもらって納得すれば売却となって業者がバイクを引き上げて完了となりますからこの方法が一番簡単で楽です。

自分で車検を取って売った方が良いのではと思うものですが、車検には費用がかかり、その分が買取額でまかなえるかどうかがわかりませんので、車検切れのまま売ってしまった方が得なのかもしれません。

車検切れのバイクを自分で売却することもできますが、自走する場合は仮ナンバーを取得しなければなりませんし、運ぶにしても大きな車をレンタカーで借りなければなりませんし何かと手続きが面倒です。

仮ナンバーを取るのも手数料がかかりますし、移動経路を申請しなければならないので手間がかかります。

車検切れのバイクは、車検を通さずそのままバイク買取業者に依頼して買取してもらう方法が一番良いのです。

一括査定を利用すれば手間もかからず、一度に複数の業者に申し込みができます。

バイクを高く売りたいなら

バイクが大好きでずっと乗っていたけれど、生活環境が変わったためバイクを手放すことになったという人も多いと思います。

その場合、バイク買取を考えますが、少しでも高く買取して欲しいと思いますよね。

少しでもバイク高く売りたいなら、どうすれば良いのでしょう。

バイクは、テレビCMなどでも流れているバイク買取店が一番高く買い取ってくれるのではないかと思っていますよね。

確かに、一般的なバイクはバイク買取専門店が高く買い取ってくれるのですが、ネットで人気があるものや、バイク雑誌で特集されるようなバイクだと直営店を持っている買取店の方が高く買い取ってくれる可能性があります。

自分のバイクが特定車種である場合、その専門店の方が買取業者よりも高く買い取ってくれることがあります。

プレミアがつくようなバイクの場合、買取店より専門店の方が高く買い取ってくれると言われています。

バイク買取店が一番高く買い取ってくれると思い込んでいますが、車種によってはそうでもないようです。

ですからまずいくつかの業者に査定をしてもらい、買取額を出してもらって比較すると良いでしょう。

バイク買取店とバイク専門店何軒かに査定してもらい、一番高い値段を出してくれたところに買い取ってもらえば良いのです。

いくつかのお店に査定してもらうのは何ら問題ありません。

ローン中のバイク買取について

せっかくローンを組んでまで購入したバイクだけれど、引っ越しや急な事情で手放さざるを得ないという人も多くいます。

その時にローンが残っていたらバイク買取を行うことはできないのでしょうか?

結論からいえば、ローンが残っていてもバイク買取は可能です。

ですが、ローン中のバイクの名義人は本人ではなくローン会社や販売店のため、取り扱っていない業者も多いので注意が必要です。

まずは買取可能な業者へ相談してみましょう。

査定結果がローンの残債よりも多かった場合、査定金額から残債を精算してくれます。

結果、差し引いた残りの金額が現金で支払われます。

精算の結果、査定額より残債の方が多かった場合はどうでしょうか。

もし、残債を現金で払えるということでしたら、差額を業者に一括で支払うことによってローンを残さずバイクを引き取ってもらうことができます。

しかし、高級バイクなどの場合は残債が多く、一括で払えないという人も当然います。

そのためにバイク買取業者では「ローン組み換え」の制度があります。

払えない残債については、買取業者が提携しているローン会社で新たにローンを組みなおして、そこで分割払いで支払っていくことになります。

ローン組み換えを利用する場合には、提携先のローンの利率などにも注意しましょう。

バイク買取の業者ごとに提携しているローン会社が異なるためです。

中には利率が高かったために残債が膨らんでしまったということもあるので、そちらも比較して売却先を決めましょう。